プロジェクトY


研究成果

  1. 植物分布調査(2004)

研究資金

  1. 環境省環境技術開発等推進費補助金(2004-2006)『地域生態系の保全・再生に関する合意形成とそれを支えるモニタリング技術の開発』  → 生態系管理プロジェクト (準備中)

  2. 九州大学P&P(2004-2006) → 生物多様性拠点形成プロジェクト  | 生物多様性研究コンソーシアム


プロジェクトの目標

  1. 屋久島の植物に関する徹底した分布調査を実施し、どこに希少種・絶滅危惧種が自生しているかを明らかにする。また、どの種がヤクシカの摂食を受けて減少しているかを明らかにする。
  2. ヤクシカの夜間センサスを行い、10年前のデータと比較し、どの程度増加しているかを明らかにする。
  3. 以上のデータを総合し、屋久島の希少種・絶滅危惧種の絶滅リスク評価を行う。
  4. 希少種・絶滅危惧種の絶滅を回避するために、シカ防護柵を設置し、絶滅リスクがどれだけ低減されるかを評価する。
  5. 調査データを随時島民・行政に公開し、どのような対策をとるべきかについての合意形成を進める。
  6. 植物に関する徹底した分布調査を実施する地点で、昆虫や陸貝の分布についても調査し、今後の変動を把握できるようにする。

このように、矢原プロジェクトは、種の保全に徹底して役立つことを目標に立案した。ただし私は、基礎研究者を本業としているので、基礎研究面でも新しい成果が出るように考えている。

屋久島の生物多様性保全の担い手は、屋久島の島民であるべきだと思う。この意見に、ヤッタネ調査隊の手塚さんが賛同してくださり、矢原プロジェクトの現地説明会や、島民の方々との交流会(飲み会)の開催などに、協力してくださっている。このような島民と研究者のネットワークを、さらに広げて行きたい。


経緯

屋久島は、東大で助手になってすぐに研究フィールドに選んだ島であり、私にとっては忘れえぬ「青春のフィールド」である。その屋久島の植物相が、ヤクシカの急増によって、激変しつつある。コモチイヌワラビはすでに絶滅し、かつての普通種であるヤクシマタニイヌワラビも絶滅寸前である。この危機的事態は、1997年の環境省レッドリスト公表時には、顕在化していた。それ以来、環境省などに、調査や対策をお願いしてきたが、事態は悪化するばかりである。やむにやまれず、新しい屋久島プロジェクトを組織して、調査に乗り出した。

屋久島と私の関わりを年表にまとめてみた。


| 公式サイトに戻る | 個人サイトに戻る |