イタチ

 

イタチの糞↓

「鼬(イタチ)の最後っ屁(さいごっぺ)」という言葉があります。 イタチが追い詰められたとき、悪臭を放つことを示し、転じて、 せっぱ詰って最後に非常手段に訴えるという意味です。肛門にある臭腺から放たれるかなり臭い分泌物は、 マーキングや糞ににおいをつけることで個体間のコミュニケーションに使われていると考えられています。

ところで、一般に「イタチ」といっても、日本には2種のイタチが生息しています。 ただ姿を見ただけではほとんど区別がつきません。もともと北海道を除く日本本土にはニホンイタチが生息し、 チョウセンイタチは対馬にのみ生息していました。北海道には明治の開拓とともに定着するとともに、 ニホンイタチはネズミの天敵として全国に放された歴史があります。チョウセン イタチは1930年ごろ毛皮養殖のために阪神地方に持ち込まれたものが逃げ出して西日本に広がっていきました。

九大新キャンパスに生息するのはすべてチョウセンイタチであることが分かっています。 西日本の都市部でチョウセンイタチがニホンイタチと置き換わったことにおいて、 2種の競争関係はあったのでしょうか。それは明確には分かっていません。 ただ、チョウセンイタチは幅広い食性を持っており、ネズミ、昆虫からパン、 砂糖菓子まで大きく変えることができ、人間と同じ場所で生活できる"神経の太さ"を持っているようです。 そのためニホンイタチが逃げ出した都市部に入り込むことができ、 農漁村では体の大きいチョウセンイタチがニホンイタチを直接追い出したのかもしれません。 チョウセンイタチはあまり魚を捕食することはないようですが、河沿いに生息するニホンイタチは泳ぎが得意で、 魚も重要な餌となっています。この能力のおかげで何とか生き残っている場所もあるようです。

現在、チョウセンイタチの他にもアライグマやミンク、マングース、ハクビシンなど さまざまな外来種がペット、害獣の天敵として持ち込まれ野生化しています。イタチの例から学べるように、 不用意に外来種を野に放してしまうと、日本固有の動植物の生息が脅かされることになります。 外来種の移入には十分注意し、ペットの飼い主は責任ある行動をとりましょう。 自然界は機械装置のように壊れた部分だけをヒトが修理することだけでは元に戻らないのです。


体形   体長:頭+胴=30〜35cm  尾:約12p   体重:0.4〜0.5s


   直径:1cm  長さ:3〜5cm


哺乳類・鳥類チームのページに戻る | 教育のページに戻る |