コガネムシ



分類 昆虫 甲虫目 コガネムシ科
学名 Mimela splendens
分布 北海道〜九州
環境 住宅地周辺〜林縁部(りんえんぶ)
体長 17〜24mm
出現期 6〜9月
コガネムシの名のとおり、金属光沢をもつ美しい甲虫。コガネムシにはほかにたくさんの種類があり、 キンスジコガネなど美しいものも多い。コガネムシ科の幼虫の多くは土中に生息し、 草の根や腐植土(ふしょくど)を食べる。
夏の雑木林などで、樹液が出ているクヌギやコナラでよく見かけることができます。夜、窓によくぶつかってくる事がありませんか? コガネムシは前翅を閉じたままで飛ぶのである程度の衝撃にはびくともしません。 …でもコガネムシはクワガタやカブトムシと違って、夜は活動せず、もっぱら日中活動するはずなんです。
…以下、作成中。。。
昆虫班レポートに戻る