生物学科で学びたい方へ

生物学とは

生物学は多様な生命現象を,生体を構成する分子のレベル,個々の細胞や個体のレベル,生物の集団のレベルで解明しようとする学問研究分野です。 生物学の研究は,ワトソンとクリックにより 1953 年にDNAの構造が明らかにされたことを転機に,飛躍的に進展しています。現在では,いわゆる,分子遺伝学はさまざまな生命現象の 基礎となると同時に,その研究過程で開発された研究方法は生命現象の解析の有カな手段になりました。
1個の受精卵が分裂を繰り返し,体の正確な場所に手足・眼・脳・内臓を形作る過程は神秘的にさえ思えるものでしたが,この発生現象も最近の遺伝子レベル,細胞レベルの研究で徐々に明らかになりつつあります。
さらに,動植物の 集団が形成している社会のしくみや働きも,遺伝子的な手法,数理モデル等の導入で研究分野が大きく拡大しています。旧来の生物学には応用科学的な側面は限られていましたが,近年の生物学はク□一ン技術に代表される新たなバイオテクノロジーの進展,生物の多様性と地球規模の環境問題などを通して社会や産業と密接に関わるよう になりました。

生物学科の目指すもの

生物学科では,基礎生物学の研究者を養成するだけでなく,将来,高度な生物科学の知識や思考を生かせる職業に携わり,中核的,指導的な役割を担うことができる人材の養成,さらには他の学問との境界領域や学際的分野での研究,医療,公衆衛生,食料生産,エネルギー資源開発,生物多様性の保全,環境修復などの応用分野で活躍できる人材の養成も目指しています。

求める学生像

分子,細胞,個体,集団等のいろいろなレベルでの生命現象の仕組みを問題意識として明確にもつことができ,生物の勉学,研究に熱意をもつ創造性豊かな学生。特に意欲のあることを重視しています。

大学入試のページへ

大学院入試のページへ

ページのトップへ戻る