生物学科で学びたい方へ

生物学とは
 
生物学は多様な生命現象を,生体を構成する分子のレベル,個々の細胞や個体のレベル,生物の集団のレベルで解明しようとする学問研究分野です。 生物学の研究は,ワトソンとクリックにより 1953 年にDNAの構造が明らかにされたことを転機に,飛躍的に進展しています。現在では,いわゆる,分子遺伝学はさまざまな生命現象の 基礎となると同時に,その研究過程で開発された研究方法は生命現象の解析の有カな手段になりました。
1個の受精卵が分裂を繰り返し,体の正確な場所に手足・眼・脳・内臓を形作る過程は神秘的にさえ思えるものでしたが,この発生現象も最近の遺伝子レベル,細胞レベルの研究で徐々に明らかになりつつあります。
さらに,動植物の 集団が形成している社会のしくみや働きも,遺伝子的な手法,数理モデル等の導入で研究分野が大きく拡大しています。旧来の生物学には応用科学的な側面は限られていましたが,近年の生物学はク□一ン技術に代表される新たなバイオテクノロジーの進展,生物の多様性と地球規模の環境問題などを通して社会や産業と密接に関わるよう になりました。

生物学科の目指すもの
 生物学科では,基礎生物学の研究者を養成するだけでなく,将来,高度な生物科学の知識や思考を生かせる職業に携わり,中核的,指導的な役割を担うことができる人材の養成,さらには他の学問との境界領域や学際的分野での研究,医療,公衆衛生,食料生産,エネルギー資源開発,生物多様性の保全,環境修復などの応用分野で活躍できる人材の養成も目指しています。

求める学生像
 分子,細胞,個体,集団等のいろいろなレベルでの生命現象の仕組みを問題意識として明確にもつことができ,生物の勉学,研究に熱意をもつ創造性豊かな学生。特に意欲のあることを重視しています。

カリキュラム
 
生物学科は生物学の幅広い領域をカバーする12の研究室を擁し、学問分野の急速な進展に対応できる教育・研究システムを確立させています。
入学してから1年半は、人文・社会・外国語などの教養科目や基礎科学科目が中心になりますが、基礎的な生物学の専攻科目も学びます。2年生後期以降は、専門的な専攻科目を学び実習・演習などを通じて幅広い分野について学習します。さらに、3年生からは、最先端の研究を進めている教官が担当する専門性が高い科目を履修することになり、希望者はインターン生として各研究室のセミナーや実験に加わることができ、配属前に希望する研究室の研究内容等を知ることができます。4年生になると、コースに関わりなく研究室に所属し、先端的な研究に取り組むことになります。

入試情報

生物学科では、多様な観点を持つ学生を受け入れるために、 AO 入試、前期日程一般選抜入試、後期日程一般選抜入試などにより、入学者を選抜しています。

AO 入試 (定員5名)
 生物の勉学に熱意と適性を持つ創造性豊かな学生を受け入れるため、書類選考、面接、志望理由書、
 大学入試センター試験による総合評価方式により入学者を選抜します。
前期日程(定員34名)
 大学入試センター試験と個別学力試験(数学、理科2科目、外国語)により選抜します。
後期日程(定員9名)
 大学入試センター試験と面接とにより総合的に選抜します。
帰国子女特別選抜入試(若干名)
 大学入試センター試験を免除し、学力検査・面接により選抜します。

詳しくは、九州大学入学者選抜概要( http://www.kyushu-u.ac.jp/entrance/examination/index.php )のページをご覧下さい。

就職状況
 
生物学科を卒業生の 70% 以上は、大学院に進学します。
進学先は、九州大学が大部分ですが、大阪大学、京都大学などの大学院に進学する学生もいます。毎年、多くの企業からの求人がありますが、生物学科で学んだ専門知識を生かして化学・製薬関連企業や、情報通信関連企業、官公庁などの幅広い職種に就職しています。大学院に進学し修士を取得した学生のうち約半数は博士課程へ進学しますが、修士課程修了後に専門を生かして製薬・食品関連企業の研究所などに就職する人も増えてきています。博士課程を修了した人は、国公私立大学の教員として、あるいは国公立や企業の研究所の研究員などとして活躍しています。

ページのトップへ戻る